OSSTech株式会社

OpenLDAP 2.4とOpenLDAP 2.5のログの差分

2022-06-06 - 下窪 聖人

はじめに

OpenLDAP 2.4とOpenLDAP 2.5のログの差分について紹介します。

OpenLDAP 2.4までのログと比較すると、bind_ssfと時間情報が追加されています。

検証環境

OpenLDAP 2.5(AlmaLinux 9.0)

OpenLDAP 2.4(CentOS 8)

ログの比較

OpenLDAP 2.4とOpenLDAP 2.5を用意して、LDAP操作後のログを比較しました。

検証環境のloglevelはstatsです。

bind_ssf、qtime、etimeが追加されています。

  • bind_ssf

    bind方式のssf1

  • qtime

    操作が行なわれるまでキューに入っていた時間

  • etime

    操作の処理時間

qtimeとetimeのイメージ図を下図に示します。

各リクエストを実行した際にOpenLDAP 2.4とOpenLDAP 2.5が出力するログの形式を掲載します。

bind

OpenLDAP 2.4

BIND dn="cn=Manager,dc=example,dc=com" mech=SIMPLE ssf=0
RESULT tag=97 err=0 text=

OpenLDAP 2.5

BIND dn="cn=Manager,dc=example,dc=com" mech=SIMPLE bind_ssf=0 ssf=0
RESULT tag=97 err=0 qtime=0.000004 etime=0.000031 text=

ldapsearch

OpenLDAP 2.4

SRCH base="dc=example,dc=com" scope=2 deref=0 filter="(uid=testuser)"
SEARCH RESULT tag=101 err=0 nentries=1 text=

OpenLDAP 2.5

SRCH base="dc=example,dc=com" scope=2 deref=0 filter="(uid=testuser)"
SEARCH RESULT tag=101 err=0 qtime=0.000008 etime=0.000276 nentries=1 text=

ldapadd

OpenLDAP 2.4

ADD dn="uid=addtest,ou=Users,dc=example,dc=com"
RESULT tag=105 err=0 text=

OpenLDAP 2.5

ADD dn="uid=addtest,ou=Users,dc=example,dc=com"
RESULT tag=105 err=0 qtime=0.000005 etime=0.125965 text=

ldapmodify

OpenLDAP 2.4

MOD dn="uid=testuser,ou=Users,dc=example,dc=com"
MOD attr=cn
RESULT tag=103 err=0 text=

OpenLDAP 2.5

MOD dn="uid=testuser,ou=Users,dc=example,dc=com"
MOD attr=cn
RESULT tag=103 err=0 qtime=0.000009 etime=0.181067 text=

ldapdelete

OpenLDAP 2.4

DEL dn="uid=addtest,ou=Users,dc=example,dc=com"
RESULT tag=107 err=0 text=

OpenLDAP 2.5

DEL dn="uid=addtest,ou=Users,dc=example,dc=com"
RESULT tag=107 err=0 qtime=0.000011 etime=0.127890 text=

以上より、OpenLDAP 2.4のログとOpenLDAP 2.5のログの差分を確認しました。

LDAPの標準のログ形式にqtimeやetimeとして処理の経過時間が記録されることで、LDAPの稼働状況などの判断に役立てることができるようになりました。 また、bind_ssfとssfが記録されることで、LDAP接続方式のssfとLDAPバインド方式のssfが区別できるようになりました。


  1. https://bugs.openldap.org/show_bug.cgi?id=8140 ↩︎